Female Futures ¼

Female Futures? – 日本における新たな女性像

2000年代以降、カメラに映る女性像と、カメラの後ろで活動する女性の役割がより多様化してきました。今や映画界新人の半分以上が女性です。しかし彼女たちが入っていこうとするその業界では、女性の姿勢が可視化され、キャリアを築く後押しはされているのでしょうか。映画業界で何が変わったのか、そして日本の女性映画人たちがどのような手法で、今日の社会におけるジェンダーの関係と向き合っているのかをテーマとします。今回焦点を当てたトピック、FEMALE FUTURES?では、現在の映画における女性の役割が、未来の女性像へ与える影響を問います。

映画プログラムに加えて、Chantal Bertalanffy氏(エジンバラ大学)による、日本映画における女性の役割についてのオンライン講演、並びにジャーナリストMaggie Lee氏による司会で、日本の女性監督を交えてのパネルディスカッションがライブ配信されます。

今映画祭の重点テーマ「FEMALE FUTURES? ー 日本における新たな女性像」は、文化基金フランクフルト・ライン・マインにご支援いただいております。


 

Constant Metamorphosis – Independent Animated Shorts by Women

JVTA meets PIA Film Festival: Shorts

Nippon Visions: Shorts

百円の恋』 武正晴

Ainu | ひと』 溝口尚美

つつんで、ひらいて』   広瀬奈々子

セノーテ』 小田香

i -新聞記者ドキュメント-』 森達也

無限ファンデーション』 大崎章

空に聞く』 小森はるか

生理ちゃん』 品田俊介

まく子』 鶴岡慧子

おろかもの』 芳賀俊、鈴木祥

お嬢ちゃん』 二ノ宮隆太郎

百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』 原恵一

ミセス・ノイズィ』 天野千尋

甘いお酒でうがい』 大九明子

プリズン・サークル』   坂上香

Red』 三島有紀子

たまらん坂』 小谷忠典

新聞記者』 藤井道人

この星は、私の星じゃない』 吉峯美和

アンダー・ユア・ベッド』 安里麻里

視聴する国によってアクセスが可能な映画は異なります。

日本からアクセスして観ることのできる映画はこちらをごらんください。

 

講演: Women In Contemporary Japanese Cinema

パネル・ディスカッション: Female Futures? – New Visions Of Women In Japan