Family Matters ¼

Family Matters –
The Japanese Family Between Tradition And Modernity

今年の重点テーマ FAMILY MATTERSでは、日本映画を通して過去と現在における家族という概念と向き合います。かつては揺るぎない形で存在していた家族像が、日本社会でどのような変遷を経て、物語や映像にどのように変換されていくのか。また、変遷する家族像を日本映画はどのように捉え、伝統的な生活様式を打ち破る上でどのような役割を担っていくのでしょうか。

映画プログラムの他にも、現代の日本映画における家族の役割について、また是枝裕和監督の『万引き家族』(2018年パルム・ドール受賞、2019年アカデミー賞ノミネート)でテーマとされたパッチワーク家族が、なぜ大きな議論を巻き起こしたのかについて、ゲストスピーカーChantal BertalanffyとClaudia Bertoléが講演します。

今年の映画祭の重点テーマ Family Matters–The Japanese Family Between Tradition And Modernityは、文化基金Kulturfonds Frankfurt RheinMainの後援によるプログラムです。

 

作品

よこがお』  深田晃司 

アイヌモシㇼ』 福永壮志 

アイヌネノアンアイヌ』 Laura Liverani,Neo SORA

あのこは貴族』 岨手由貴子

Daughters』 津田肇

閉鎖病棟―それぞれの朝―』 平山秀幸

his』 今泉力哉

コントラ』 Anshul CHAUHAN 

AGANAI-地下鉄サリン事件と私』 さかはらあつし

のさりの島』 山本起也 

ひとよ』 白石和彌

楽園』 瀬々敬久

凪待ち』 白石和彌 

ぼくらの7日間戦争』 村野佑太 

スペシャルアクターズ』 上田慎一郎

台風家族』 市井昌秀

人数の町』 荒木伸二

すばらしき世界』 西川美和

風の電話』 諏訪敦彦

脳天パラダイス』 山本政志

yes, yes, yes』 矢野瑛彦

 

講演

Family In Contemporary Japanese Cinema

Social Pressure, Private Emotion – Families In Hirokazu KOREEDA’s Films

 

視聴する国によってアクセスが可能な映画は異なります。
日本からアクセスして観ることのできる映画はこちらをごらんください。

Festival Partners

This website is using cookies to provide a good browsing experience

These include essential cookies that are necessary for the operation of the site, as well as others that are used only for anonymous statistical purposes, for comfort settings or to display personalized content. You can decide for yourself which categories you want to allow. Please note that based on your settings, not all functions of the website may be available.

This website is using cookies to provide a good browsing experience

These include essential cookies that are necessary for the operation of the site, as well as others that are used only for anonymous statistical purposes, for comfort settings or to display personalized content. You can decide for yourself which categories you want to allow. Please note that based on your settings, not all functions of the website may be available.

Your cookie preferences have been saved.